歌詞

贈り物

吉田拓郎

作詞
吉田拓郎
作曲
吉田拓郎

あの時僕はこう思ってたんだ

君になにかをしてあげられる

せめて歌ぐらいは唄ってあげられる

僕はギターを持ってたんだし


終わってたんだよ 何もかもが

その時からみんなまちがいだらけさ

もう行くよ もう何も言えなくなった


それから君の好きだっだ"雪"は

誰かに唄ってもらえばいいさ

今はわかり合おうよって時じゃないんだ

これで少しは気が楽になるだろうネ


笑ってたんだよ 心の中で

僕にはそれがきこえてくるんだ

捨てちまうよ 君のくれたものなんて


それは小さな物語なのさ

暗い路地に吐き捨ててしまおう

だからとどまるよって言わさなかった

そんな君にも罪などありゃしない


もういいんだよ それだけで

住んでた町のせいにしちまえばさ

サヨナラは 僕の背中にしょって行くさ

提供: うたまっぷ