歌詞

花酔曲

吉田拓郎

作詞
吉田拓郎
作曲
吉田拓郎

心のかたすみに

閉ざされてたやさしさを

あなたが思い出させてくれた


短い夜だった

話すことよりそばにいる

それだけで たしかめ合う二人


街は二つの影を深い眠りの中に

他人(ひと)の目には うつらないように

やさしく やさしく 包む

ア~ア~

ふれあった口唇に

恋という名のささやきを

あなたが思い出させてくれた


忘れかけてた人の心のぬくもりを

せめて今は 感じていたい

それが それが 愛さ

ア~ア~

生きている

もつれあい もがきながら

今日もまたどこかで

息づいている 生命

提供: うたまっぷ