歌詞

アゲハ蝶

信政誠

作詞
信政誠
作曲
信政誠

靴音だけが虚しく響き渡る

眠りについた静寂の街並

見上げた夜空に妖しく光る満月


心無い笑顔で取りつくろうように

振舞う君を横目で見ながら

肌寒い夜の闇の中を足早に歩く


赤いムードランプが照らす部屋ん中

冷えた体を温めるように

毛布の中で吐息を重ねあい 抱き合う僕ら


このままいつまでも 君の愛情の中で埋もれてたいんだ

それが例え偽りであっても

月明かりを背に踊る君の姿は

妖しくそして美しく僕を惑わせる


生ぬるい吐息と君の微かな

声が飽和して窓を曇らす

ぼやけて映る淡い月の光 狂った部屋を照らす


君を想えば想うほど歪んだ

世界に引きずり込まれてゆく

自由に飛び回る 届かない君はまるでアゲハ蝶のよう


このままいつまでも 君の愛情の中で埋もれてたいんだ

それが例え偽りであっても

月明かりを背に踊る君の姿は

妖しくそして美しく僕を惑わせる

提供: うたまっぷ