歌詞

一番星ブルース

梶芽衣子

作詞
阿木燿子
作曲
宇崎竜童

男の旅は 一人旅

女の道は 帰り道

しょせん通わぬ 道だけど

惚れたはれたが 交差点

ア~ア~ 一番星 空から

俺の心を 見てるだろう


もののはずみで 生まれつき

もののはずみで 生きて来た

そんなセリフの 裏にある

心のカラクリ 落し穴

ア~ア~ 一番星 出る頃は

俺の心に 波が立つ


ガキの頃なら 願かける

そんな習慣(ならい)も あったけど

今じゃ行く末 見るような

星の流れの はかなさよ

ア~ア~ 一番星 消えるたび

俺の心が 寒くなる

ア~ア~ 一番星 消えるたび

俺の心が 寒くなる

提供: うたまっぷ