歌詞

きみのことば

さよならポニーテール

作詞
ふっくん
作曲
ふっくん

ふたり過ごしたあの夏の日

きっと気付かないうち夢は

終わりを迎えて

音もなく流れてく夏雲


走り出した浜辺で

きみははしゃいで

ぼくは黄昏の夢を見てた


そして 遠ざかる幻

祈るように目を閉じて

まだきみの言葉

今も覚えている


やがて通り過ぎた風が

ふたりの影奪うように

今ぼくは気づいたんだ

さよならしたこと


夜の静寂が染み込む頃

そっと寂しさ達が遠い

ぬくもり欲しがって

聞こえた気がしたんだ呼ぶ声


永遠に汚れない

季節の中で

置き去りになったきみの声が

時間の濁流にのまれ

きみが朧げになって

また似た誰かを

ぼくは探している


ふいに通り過ぎた風が

あの日の香り運ぶから

今溢れ出したんだ

涙がただ、、


そして 遠ざかる幻

祈るように目を閉じて

まだきみの言葉

今も覚えている


やがて通り過ぎた風が

ふたりの影奪うように

今 ぼくは気づいたんだ

さよならしたこと

提供: うたまっぷ