歌詞

三日月の長雨

アンダーグラフ

作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人

春が来て 夏を待ち 明け方の雲を眺める

夏が来て 秋を待つ 月夜の傍歩く

秋が来て 冬を待ち 赤く染まる街を眺める

冬が来て 貴方待つ 眠れぬままの朝


想いは募れど 届かぬと時間を泳ぎ

夢追い離れた 寂しさは消えるだろうか


「さよなら」と手を振りながら 背中消えるまで眺めてた

会いたいだけ ただそれだけが叶う事はないとしても


夢もなく 朝を待ち 止めどなく揺れる想いは

あてもなく 続く道 照らす陽炎のように


涙はあの日に 置き去りにしたはずだと

輝く三日月 あなたにも見えるでしょうか


「さよなら」と言えたあの日は こんな夜が来ると知らずに

強がるだけ ただそれだけが互いの為と信じてた


「さよなら」と手を振りながら 背中消えるまで眺めてた

会いたいだけ ただそれだけが叶う事はないとしても


二人して見上げた月が まるで太陽みたく輝く

会いたいだけ ただそれだけを想い今も空に願う

提供: うたまっぷ