歌詞

夏の夢

松崎しげる

作詞
魚住勉
作曲
馬飼野康二

陽ざしが 窓の外照らす

風が 夏をつれて来たよ

男は 夢のまた夢を

だれか好きな女に抱く


いつか君をつれて

どこか知らぬ島へ

時が二人をつつむ


「好きだ」と

恋 君に告げて

愛 すこし照れながら

抱きしめたいけれど 夢のなかだよ

いますぐ

もし翼ひろげ

あの空を飛べたなら

夢から夢のなか 君のうしろを

追いかけ


「好きだ」と 言えばそれだけで

君の気持ちが揺れるなら

なんども 嘘のない言葉

僕の心を伝えたい


いつもそばにいれば

きっと笑うはずさ

愛に傷つく君が


変わらぬ

恋 それは夢中

愛 それは夢のなか

すべてを失くしても 何もいらない

あなたが

いまここにいれば

夢だって腕のなか

どこへも行かないで 胸が痛むよ

どうして


「好きだ」と

恋 君に告げて

愛 すこし照れながら

抱きしめたいけれど 夢のなかだよ

いますぐ

もし翼ひろげ

あの空を飛べたなら

夢から夢のなか 君のうしろを

追いかけ

提供: うたまっぷ