歌詞

夏の恋人

松崎しげる

作詞
魚住勉
作曲
馬飼野康二

夏が嬉しくて 海の見える窓

浜のレストラン 1人待っていた


君が輝いている みんな振り返るよ

真珠の首飾り 真っ白なドレス


友だちより恋人なら 真夏の海辺で

熱い胸の想い 打ち明けたい

青い空に白い波に 叫んでみたくて

僕は君のことを 愛していると抱きしめたいと Ah~


光まぶしくて 視線そらしたと

急な言い訳は 好きな印だと


恋は突然でも 燃える赤い気持ち

今日こそ僕だけと 約束したい


君を乗せて漕ぎ出す船 どこまで行こうか

誰も知らぬ島に 二人きりで

南の果て愛のときを 捕まえたいのに

君はいつも笑い 遠い夢だよ美しすぎて Ah~


友だちより恋人なら 真夏の海辺で

熱い胸の想い 打ち明けたい

青い空に白い波に 叫んでみたくて

僕は君のことを 愛していると抱きしめたいと Ah~

提供: うたまっぷ