歌詞

ただそれだけ

松崎しげる

作詞
片桐和子
作曲
服部克久

夕日の砂浜に 残した足跡は

どこまで行っても まっすぐに

ただそれだけの二人を

寄せては返す波 静かに聞きながら

黙って手を取り 歩いてる

ただそれだけのこと


ふと顔を見合わせ 駆け出す

笑い声は遠く 消えて行く

何にも言わないで 別れる街角の

あなたの後ろ姿 見送る

ただそれだけ


いつもと変わらずに 別れる街角

あなたを何故か今日は追いかけたいの

提供: うたまっぷ