歌詞

マフユノハナビ

石嶺聡子

作詞
広田圭美
作曲
広田圭美

初めて会った 透いこまれそうな花火の下で

そう夜空より まぶしく胸を射した笑顔に恋をした


ぶつかりあう人の中 あなた見つけたこの河原に

今年一番最初の白い冬が降りてきた


見上げた空から降る雪はまるで真冬の花火のよう

思わず 手をのばした私を見て あなたが笑う


夜を白く色付けながら形かえている

鼓動さえもかき消しそうな 静寂が少し恐かった


地上に降る花びらが闇に消えたその瞬間

私の左手とあなたの右手が重なった


二人の上に舞い降りる雪は真冬の花火のよう

思わず 手をのばした私を見て あなたが笑う


もし 二人の上に悲しみの雨が落ちそうになったら

この河原にこよう あの時の二人がいるはずだから


見上げた空から降る雪はまるで真冬の花火のよう

思わず あなたの手を強く握る私でした


思わず あなたの手を強く握る私でした

提供: うたまっぷ