歌詞

思い切り泣いてもいいよ

石嶺聡子

作詞
遠藤京子
作曲
遠藤京子

思い切り泣いてもいいよ 声を上げて泣けばいいのに

何をそんなに今まで こらえていたのかゆっくり

話して 今夜は


今が青春と歌うほど年をとっていないけれども

生きて行く重さ少しでも忘れたふりをしたくなるね

子供の頃に見た大人は もっとちゃんとして見えたけど

私といえば情けなくて わからないことばかりだもの


見てるから あなたが好きだから

心開いて打ち明けて


思い切り泣いてもいいよ 声を上げて泣けばいいのに

何をそんなに今まで こらえていたのかゆっくり

話して 今夜は


今まで頑張ってきたから 少し気弱になってるみたい

言葉につまるその横顔 ずっと一人でつらかったね

この世は問題山積みで 素直な心持ちきれずに

誰かを恨んでみたりして みんななんとか歩いている


分かるから 信じてみたいよね

これからの自分のことを


思い切り泣いてもいいよ 声を上げて泣けばいいのに

何をそんなに今まで こらえていたのかゆっくり

話して 今夜は


思い切り泣いてもいいよ 声を上げて泣けばいいのに

何をそんなに今まで こらえていたのかゆっくり

話して 今夜は

提供: うたまっぷ