歌詞

黄昏れが海を染めても

ザ・ワイルド・ワンズ

作詞
荒木とよひさ
作曲
加瀬邦彦

黄昏れが海を染めても 星を運んでも

時は微笑投げて あしたも陽はまた昇る

鳥たちは 空のどこかへ 愛するもとへと

風の運河を 自由に泳ぎ 家路を急ぐ

この星に生まれ 生きていることが

こんなにも美しく 輝いてるから

時よ永遠の 旅人のように

心の銀河へ 今日も旅立て


想い出が砂のかけらに あしあと残して

たとえ涙が落ちても あしたも陽はまた昇る

ふりそそぐ 夏の陽ざしも 落葉の道も

風に心を遊ばせていた 人生だから

この星に生まれ 夢見ることが

こんなにも 切なくて 愛おしいものなら

時よ永遠の 旅人のように

まだ見ぬ銀河へ 今日も旅立て


ラララララララ......

提供: うたまっぷ