歌詞

雨粒

溝渕文

作詞
溝渕文
作曲
溝渕文

目の前を通った あれは雨粒 夏の日の通り雨

消えてった虫の声 深く深く


すぐ側にいる 手を伸ばせば触れる

そんなふうになっても 変わらずに思うだろう


ねころんで 君想って ひとりでに聞こえたのは

雨 雨

今ほかのものは何にも見えない ただただ胸を掻きむしる

ひとりでなどいたいんじゃない 会いたいよ 会いたいんだ

雨よ 雨

音の数がさっきよりも増えた 君のところへ導いてほしい


どこから聞こえた 飛んでいく音 よこぎった何の影

やけに響く話し声 深く深く


例えば遠い 手は空振り

そんなふうになっても 幸せを祈るだろう


ねころんで 君想って ひとりでに流れたのは

雨 雨

今ぼやけていて何にも見えない ぬぐっても ぬぐっても

ひとりでなどいたいんじゃない 会いたいよ 会いたいんだ

雨よ 雨

次のやつが窓の雨粒消した 隔てるものも消してほしい


ねころんで 君想って ひとりでに聞こえたのは

雨 雨

今ほかのものは何にも見えない ただただ胸を掻きむしる

ひとりでなどいたいんじゃない 会いたいよ 会いたいんだ

雨よ 雨

音の数がさっきよりも増えた 君のところへ導いてほしい

提供: うたまっぷ