歌詞

ホーム

aiko

作詞
AIKO
作曲
AIKO

じゃあ またねと見えなくなるまで

手を振って帰った部屋

ほどいた髪の毛にあなたの匂いがついてたから


大きく吸い込んだ空気が冷たくて咳をした

一緒に優しさのカケラも落とさぬ様に

まだそれがなんなのかちゃんと解っていないけど


赤い星を初めて2人で見た日の事も

待っててくれたホームの黄色の切れ端も

大切なものにあたし達は何度か出逢う

明日話そうね もう忘れない様に


毎日新しい人の波

繰り返し息をする

桜も夏もひつじ雲も雪の朝も

あなたと何度もこの窓から見た景色の色


とりとめのない言葉で伝える想いは

あなたの元に届くまでに

不安を飲み込んで喜びを見つけ出してきっと必ず飛び込める

あいしてる 強く抱きしめてたい


胸の中の音がひとつあなたと重なり合えば始まりの音

もしも全てに迷ったらまたここで待ち合わせしよう

変わらないよ


赤い星を初めて2人で見た日の事も

待っててくれたホームの黄色の切れ端も

大切なものにあたし達は何度か出逢う

明日話そうね もう離れないように

提供: うたまっぷ