歌詞

ご飯のおかわり自由です

AMEMIYA

作詞
AMEMIYA
作曲
AMEMIYA

主人と2人ではじめた 小さな定食屋

何よりの売りは オーガニック米

オカズの量の少なさに お客様は顔 しかめるけど

ご飯のおかわり自由です


オープン当初は 大盛況 でもすぐオカズのしょぼさ広まり

ぱったり止まった客足 払えない子供の 給食費

つい手を出したねずみ講 いなくなった 友達

ご飯のおかわり自由です


主人が通い出した 怪しげなセミナー

自宅の炊飯器に入れだした パワーが出るという謎の粉

ご飯のおかわり自由です


主人の強い勧めで 私と子供も

しぶしぶ入会した 怪しげなセミナー

なぜだろう 次第に薄れる 心をしめていた猜疑心

ご飯のおかわり自由です


家具は全て白にしなさい・・

寝る前に逆立ちしなさい・・

炊飯器に粉混ぜなさい・・

ご飯のおかわり自由です・・


セミナーの いいつけを守り 真っ白にした店内

壁一面に 教祖の 肖像画

各テーブルに 設置した セミナーのパンフレット

ご飯のおかわり自由です


熱心な 勧誘認められ 幹部になれた 主人

息子のきよしが授与された 名前はアルバーリ・カッサバ

ご飯のおかわり自由です


教祖の女にして もらえた私

教祖が入ったお風呂の残り湯 毎日欠かさず 飲んでます

ご飯のおかわり自由です


主人と息子が 留守の隙に 田舎から 出てきた父

泣きながら私の頬をはたき 解けたマインドコントロール

父と実家に逃げました 気がかりはきよしと定食屋

ご飯のおかわり自由です


私を連れ戻しに すぐ実家に来た主人たち

怪しげな呪文 唱えるきよし 逆立ちして 叫ぶ主人

ごはんのおかわり自由です


話し合いの末 入会した 父

幹部に なった父 教祖の女に なった母

ご飯のおかわり自由です


根深くはびこる人種差別 肌の色も 目の色も

関係ない みんな同じ 人間さ oh

ご飯のおかわり自由です ご飯のおかわり自由です

提供: うたまっぷ