歌詞

ひとり十六夜

伊藤美裕

作詞
吉元由美
作曲
川口真

行くあて知らずの心を残して

真夜中の街をただ歩いていたわ

ファミレスのコーヒー

本の一冊も持ってたら

様になるけど


あなたの嘘が 胸に痛いの

目を合わせずに

会えない言い訳して


別れ言葉が 愛したしるしと

古い歌みたいで笑っちゃうわね

いざよいながら 昇る月のよう

泣けたなら 夜明けが来るかしら


男と女の恋の行く先に

勝ち負けがあるのなら教えてほしい

好きでしょうがない

ただそれだけでは幸せと言えないのかと


心変わりはとめられないね

あなたは少し

正直すぎただけよ


コートをはらり 軽く脱ぐように

さよならを言えたらかっこいいね

十六夜月が私を見ていた

泣けるまで 思い出が滲むまで


別れ言葉が 愛したしるしと

古い歌みたいで笑っちゃうわね

ひとり十六夜 夜明けの気配に

まだ残る月影 滲んでる

提供: うたまっぷ