歌詞

六本木星屑

伊藤美裕

作詞
吉元由美
作曲
川口真

踊り明かして 外に出たら

消えていたのよ 東京タワー

違う誰かと 腕をからめ

夜明けの街を 歩いたもの


嘘が上手なサトシにシンジ

振られちゃったわ タカヒコに

誰もまともに傷つかなくて

いい時代だった 六本木星屑(スターダスト)


ワイン片手に夜更けを待って

ふたりで行くならInfinity

知られたくない秘密なのに

夜風の噂 吹き渡る


遊び仲間のヒロキにアキラ

キスしたかった マサユキと

誰も大人になりたくなくて

あがいていたのよ 六本木星屑(スターダスト)


店の名前が変わったら

昔の名前 忘れるわ

スローダンスの遠い匂い

なぜかときどき思い出す


夢で逢えたらレイヤとマサシ

胸に秘めて ヤスハルと

誰もいつかは出逢えるはずよ

通り過ぎてった 六本木星屑(スターダスト)

提供: うたまっぷ