歌詞

ポケットの中で

斉藤由貴

作詞
銀色夏生
作曲
吉川洋一郎

ポケットの中で星が揺れたので

桃色の砂糖菓子をかじりながら

表へ出た


マリンブルーの胸さわぎと

僕は

凍えた手をほほにあてた


ポケットの中で星が騒ぐので

桃色の砂糖菓子を放りながら

僕は困った


ひと冬ごとに真夜中は

それぞれの約束を

確かめあえているのに


ポケットの中で星が騒ぐので

どうしてもそれが騒ぐので

この恋は

あきらめようと思った


この恋は

あきらめようと思った

提供: うたまっぷ