歌詞

LONELY GIRL

花*花

作詞
Andrew Gold/訳詞:花*花
作曲
Andrew Gold

彼女が初めて泣いたのは桜の下

大きな目と口と 折れそうに細っこい指


ピアノも仔犬も いっちょまえなポロシャツも

ボーイフレンドだって ついて来たのに

覚えたことといえば 楽しく笑うフリ

それはミッキィのお面みたい


Oh Oh, What a lonely girl

ほんとはひとり

Oh, What a lonely girl


彼女が初めて覚えたのはテレビの歌

大好きな家族といっぱい一緒にうたった


愛情もあふれるほどもらって

笑って過ごしてきた それでも

悲しい気持ちや さみしさは

全部歌の中に溶かしてた


Oh Oh, What a lonely girl

ほんとはひとり

Oh, What a lonely girl


2人が初めて逢ったのは15年前

覚えてるはずもない隣り同士の歌声


信じたいのは良い匂いのする音

扉をマイクで叩いて開ける

カウント始めて 歌が終わるまで

みんなが居て だけど誰もいない


Oh Oh, What a lonely girl

ほんとはひとり

Oh, What a lonely girl


Oh Oh, What a lonely girl

ほんとはひとり

Oh, What a lonely girl

提供: うたまっぷ