歌詞

サーカスライフ

Prague

作詞
Yuta Suzuki
作曲
Prague

夕暮れ、小さな花火を合図に町が賑わいだした

頭上は光るライトの群れ 始まる僕らのサーカスが


嵐のような期待を笑っておどけろ


火の輪をくぐってく日常を裸足で突き抜けるんだ

見渡せば平然と広がる炎 冷静を演じろ踏み出せ足を


膨らんでった風船が彩る街を眺めてるだけなんて


錆び付いた階段を上るまえに震えても

君の舞台はここだけなんだよ

掴めるよ何度でも空中ブランコ手を伸ばそう

痛みも弱さも受け止めれば君のもの


何に悩んで何を恐れてるかわかるのはこの幕の向こうなんだって


錆び付いた階段を上るまえに震えても

舞台は君のため輝き始める

掴めるよ何度でも空中ブランコ手を伸ばそう

出来るさその手で受け止めれば君のもの

提供: うたまっぷ