歌詞

仇花

Prague

作詞
Yuta Suzuki
作曲
Prague

実を結ばないフラワー 儚い色彩だ

踏まれて汚れて それでも笑うフラワー


暗がりは嫌いだ 明かりを探した

嘆き合いも程々に 水を与えるんだ

実を結ぶと信じた


蝶が舞って 蜜を吸って 遠い街へ

羽ばたいて 見えなくなって


咲き乱れなくてもいい仇花と呼ばれてたって

散りゆくその日まで小さな花を誇って歌えばいいさ 聴かせるんだ


足元おぼつかないが 確かに芽吹いていた

簡単に枯れゆく中 守るべきものはなんだ


何度だって 地を這って

傷ついて 求めた答えはなんだ


その心咲かせるのは他の誰かじゃできなくて

乾ききっているのなら望みを吸わせればいいよ

実らすんだ 君のフラワー


蝶が舞って 蜜を吸って

遠い街へ 羽ばたいて

この匂いを 届けたくて


その心咲かせるのは他の誰かじゃできなくて

乾ききっているのなら望みを吸わせればいいよ

実らすんだ 君のフラワー

咲き乱れなくてもいい 仇花と呼ばれてたって

散りゆくその日まで小さな花を誇って歌えばいいさ 聴かせるんだ

実らせると 信じたくて

提供: うたまっぷ