歌詞

忘れないで

藍坊主

作詞
佐々木健太
作曲
佐々木健太

ありのままの君でいいなんて、俺は言わないぜ。

そうして生きていけないから君に、俺は歌うんだよ。


うまく、それらしいことばっかいってりゃ、とりあえずいい感じ。

そうだろ?濁った本当なんかより、フィクションのほうがいい。


だけどそれじゃ埋まらねえ、

穴ぼこがやっぱり僕らのリアリティー。


忘れないで、忘れないで、君がいつか俺を忘れても、

そこで君が笑ってるなら、優しくいられるなら。


今日も電車は運んでいくよ、僕らの魂を。

汗と、傘と、疑問を、びゅんびゅん、運んでいくよ。


誰か舌打ちしてる音が聞こえた気がした。

どうして、わざわざすり減るために、生きなきゃなんねんだろう。


くそったれの世界さ。

頑張りすぎなきゃ、誰もかまってもくれない。


忘れないで、忘れないで、俺たちはすり減るために生きてんじゃねえ、

そこで何が生まれたのかを、きみはもうわかってるんだろう。


凍ったっていうよりも、溶けられない感じだろう。

ひからびたっていうよりも、潤えない感じだろう。


忘れないで、忘れないで、君がいつか俺を忘れても、

そこで君が笑ってるなら、この世界を愛せるなら。


それでも愛せるなら。


君はもうありのままさ。

提供: うたまっぷ