歌詞

掟と礎

tacica

作詞
猪狩翔一
作曲
猪狩翔一

もう雨の日や風の日を怯えて

生きる事は止めにしたんだ

必死になって松明に今を灯して

散々な部屋の向こうへ飛び出して

僕も今更 太陽を選ぼう

選ぼうよ


名前は今日 特に意味が失くなってしまったよ

夢を観過ぎた反動に

取り付く島もない事に


名前の様に上手くは飛べなくて嘆いても

色に溢れた日に

通り過ぎたヒーローに


思い出せる大地ヘ

赤い眼をした僕等は

教えられる事が何もない


もう雨の日や晴れの日を数えて

生きる事は止めにしたんだ

必死になって松明に今を灯して

散々なドアの向こうへ飛び出して

僕も今更 太陽を選ぼう

選ぼうよ


長い間 僕等 始まり


自分の音色を

忘れない為

色んな音色を

忘れるんだね


僕の未来へ問う

今日 僕が居なくなってしまっても

特に非常事態なんて

騒ぎ立てる事もしないか?


名前の方ヘ

上手く歩き出したのはいつ?

色に抱かれた日に

待ち焦がれたヒーローに


思い出せる大地ヘ

赤い眼をした僕等じゃ

教えられる事が何もない


掟みたいな毎日に

膝を抱えた僕等じゃ

思い出せる事は何もない

提供: うたまっぷ