歌詞

その日、一日。

tacica

作詞
猪狩翔一
作曲
猪狩翔一

こんな背伸びや、翅が無くても飛べる様な。

どんな居場所や、声が有っても響かないんだ。


手を使って、足を伸ばした。

これを全部、せーので忘れよう。


誰が手を差し出したって、生きるつもりはないの。これ以上は。

八月の良く晴れた日を、思い出して鳴いてたんだよ。

蜉蝣を目指して。


色んな痛みや涙が無くても飛べる様な。

そんな居場所や、声が有っても意味がないんだ。


眼を閉ざして、耳を塞いだ。

だから今日も僕でいられたの。


この雨や僕の為に、誰も生きた理由までは語れないだろう。

時々、赤い血を足して、終える今日を愛してたんだよ。

忙しい僕等に。


眼を凝らして、耳を澄まして、

(手を使って、足を伸ばした。)

だけど今日は、せーので忘れよう。


誰が手を差し出したって、生きるつもりはないの。これ以上は。

八月の良く晴れた日を、思い出して泣いてたんだろう。

陽炎を目指して。

提供: うたまっぷ