歌詞

Jam9

作詞
Jam9
作曲
Jam9

今 涙浮かべたキミに sing for you

いつだって いつだって傍にいるよ

今 涙零したキミに sing for you

いつだって いつだって空を見てろ


悔しかった そんな思い出ばかり 心に残るから

嫌になって こぼれる溜め息が 情けなくて泣けてきた


ずっと歩いてたんだ

それはきっと自分が選んだ

道だってわかるけど不安が

溢れそうで胸元を掴んだ

振り返った

ガキの頃泣いてたおれに向かって

同じ目線までしゃがんで

空を見ろって言ったあの人の優しい顔が浮かんだ


今 涙浮かべたキミに sing for you

いつだって いつだって傍にいるよ

今 涙零したキミに sing for you

いつだって いつだって空を見てろ


声に出して ツラいと言えなくて 強がる毎日で

下を向いて 歩めば歩むほど 自分を見失ってく


逃げ出すことは楽で

だけど自分に負けたくなくて

そんな風にみんな戦ってる

そうわかってる

でも不安が胸に絡まってる

ふと迷った時見上げた空が

教えてくれた自分の弱さ

弱音を吐いたっていいのかな

そう思えたんだよ


今 涙浮かべたキミに sing for you

いつだって いつだって傍にいるよ

今 涙零したキミに sing for you

いつだって いつだって空を見てろ


迷いも不安もあるのが人生

別に隠さなくたっていいって

泣けるなら泣いたり愚痴こぼしたり

それでもやれると信じたい

立ち止まった時空を見上げて

思い切り泣きなよ

大丈夫 空はいつも君を見てるから


今 涙浮かべたキミに sing for you

いつだって いつだって傍にいるよ

今 涙零したキミに sing for you

いつだって いつだって空を見てろ

提供: うたまっぷ