歌詞

アオイトリ

fumika

作詞
田中秀典/大西省吾
作曲
大西省吾

青い鳥 おとぎ話のように 幸せを 運んでくれる 信じてた

青い空 自由に飛ぶ姿に この想い 重ねては 願ってた


だけどいつかは 消えてしまう

幻のように 曖昧な 姿


忘れたことなんてないけど 滑り落ちるように

すり抜けて 泡のように 消える

それでも想いはずっとずっと 胸の深く深くで

眠るようにただ 息をひそめ 待ってる

解き放て カゴはもういらない


どこまでも 続く鏡の中に 幸せなあの日のわたし 映してた

遠い空 カタチのない世界に 本当の温もりを 探してた


たまに心は 揺れてしまう

窮屈な空を 見上げる瞳


溢れ出す願いと同じだけ 傷つきもするけど

振り向けば 夢のように青く

言葉にならなくても きっと この手 伸ばすよ 遠くへ

モノクロの虹が色を付ける そのとき

奇跡はもう はじまっている


涙といっしょに こぼれた気持ち あの日と同じ 心がリンクした

過去を脱ぎ捨て 未来(あす)を掲げて ページをめくれば 動き出すから

呼び掛ける青い鳥 本当は・・・私の中?


「忘れたことなんてないから・・・」

振り絞る声が いくつもの夢に光を灯す

叶えたい想いはずっとずっと 胸の深く深くで

飛び立てる瞬間(とき)を 息をひそめ 待ってる

解き放て カゴはもういらない

提供: うたまっぷ