歌詞

十九才

北乃きい

作詞
Goro Matsui
作曲
ZENTA

心が行(ゆ)く場所を探すなら

心のままにいる私を信じたい

見えない線の どこか向こう側に

自分だけの 光がある


埋めたのに形が違う

まるで歪んでるPuzzle

言い当てても答えはなぜか いつも

突然に変えられてしまう


だけど足りない

ものがあるほど

思いきれるのも

たぶん嘘なんかじゃない


心が行く場所を探すから

心のままにいる私に伝えたい

冷たい風と向かい合うところに

生まれてきた 理由がある


知らないことと

覚えたことが

混ざり合い

いつか夢はできる


ひろげる羽に

ひろがる空を

教えれば

飛び立てる


さみしくて泣いた夜でも

時は前だけに進む

願うだけで 待つ幸せは きっと

いつまでも届かないんだな


いまは遠くて

影もないけど

ここから未来は

ずっと続いてるはず


涙がどうしてもあふれたら

ひとりがつらくなることばが聴こえたら

そっと胸に てのひらあてながら

名前呼んで みるんだ


心が行く場所を探すなら

心のままにいる私を信じたい

見えない線の どこか向こう側に

自分だけの 光がある

提供: うたまっぷ