歌詞

海鳴り

馬場俊英

作詞
馬場俊英
作曲
馬場俊英

あなたのため息や あの日の笑い声に

眠りを引き裂かれ またここに 運ばれてしまう


遠ざかる暗闇の向こうに 僕らの声が聴こえてくるよ

荒れ狂う波のようになって この胸に押し寄せてくる

海鳴りのように あなたが呼んでいる


月の光 砂に腰を下ろして ここにすべてあるのならば

あるのならば 逃げることも出来るのに


坂道を駆け登るような 毎日の時間の中で

幸せとか 不幸せとか 人は誰もみな言うけれど

あなたがいれば それだけでよかった


遠ざかる暗闇の向こうに 僕らの声が聴こえてくるよ

荒れ狂う波のようになって この胸に押し寄せてくる


海原に漕ぎ出すような 毎日の暮らしの中で

暗闇に迷う時は ここでまた声を聴いている


海鳴りのように あなたが泣いている

海鳴りのように あなたが呼んでいる

海鳴りのように あなたがそばにいる


海鳴りのように 海鳴りのように

提供: うたまっぷ