歌詞

4月の風

高野千恵

作詞
高野千恵
作曲
HAPPO

木漏れ日に照らされ 揺れる花びらの様に

それぞれのステージ 輝いていたいから

色づいた季節に 包まれ両手広げ

この胸いっぱいに 憧れを抱くんだ


いつでも諦めない 気持ちを支える言葉

持ち寄って叶えていく 喜び伝えたくて


4月の風に背中押されて

情熱をのぞかせたい

握りしめる 不安 期待 あの日の面影

きっと終わりは始まり

悲しみの向こう側へ

思いきって 勇気出して この身を委ねて 進もう


本当の答えは もう胸に宿っている

ついやしてきた日々 散らばる宝石達


見つめ続ける程に リアルに見えてくるから

過去の意味さえきっと 変えていけるはずと


4月の風に背中押されて

柔らかく舞い上がって

笑顔交わし 手を取り合い つながる想いを

きっと終わりは始まり

寂しさの向こう側へ

感じ合って 探し続け この身を委ねて 進もう


4月の風に背中押されて

情熱をのぞかせたい

握りしめる 不安 期待 あの日の面影

きっと終わりは始まり

悲しみの向こう側へ

思いきって 勇気出して この身を委ねて


4月の風に背中押されて

柔らかく舞い上がって

笑顔交わし 手を取り合い つながる想いを

きっと終わりは始まり

寂しさの向こう側へ

感じ合って 探し続け この身を委ねて 進もう

提供: うたまっぷ