歌詞

Passenger

NICO Touches the Walls

作詞
Tatsuya Mitsumura
作曲
Tatsuya Mitsumura

小さな鞄 抱え込んで 今日も歩く

後に残るのは 嗚呼 夢の跡か 涙の海か


君を探して 道に迷って

どこにいるのかもわからなくたって

命の限り 声を枯らして

孤独を歌う僕はPassenger


わけもなく今は 叫んでるだけ

少しでも遠くへ 伝わればいいなんてね


心の奥は深い森で 彷徨う魂

言葉にするほど 嗚呼 遠く遠く離れる


手を取り合って 抱きしめあって

確かさばかり求めるけど

冷めた炎が 胸を焦がして

情けないほど永遠を祈ってた


不安でしようがないんだ かたちないもの

掴んでも 掴んでも 逃げていくようで


明日僕が消えたとして

君は泣くだろうか? 僕を想うだろうか?

さあ響け 声よ 高らかに

この歌声が 君に届くまで


もしも願いが叶わなくたって構わない

この旅路の終わりに 君が笑っていてくれさえすれば


小さな鞄 抱え込んで 今日も歩く

遠くに朝焼け 嗚呼 夢だろうが幻だろうが


息を切らして 踵減らして

どこにいるのかもわからなくたって

命の限り 声を枯らして

君を求めて歌うだけさ


喜び 悲しみ 全て変えるよメロディに

君を想った日々 刻み込むように

ありがとうも ごめんねも 呆れるほど歌にするよ

命果てるまで 僕はPassenger

提供: うたまっぷ