歌詞

訳あり列車

ジェロ

作詞
秋元康
作曲
宇崎竜童

トンネル 抜ければ

雪が深くなる

色のない 山間(やまあい)が

ガラスの窓に映る


東京で失った

人生を引き払い

故郷(ふるさと)へ帰る時

終着駅は遠い


AH― 訳あり列車は 今

AH― 古い手紙のように

すべてを許しながら 進む

あなたをまだ愛してるのに

進むのです


ずいぶん昔の

桜の季節に

飛び出した あの家は

寂れた村の外れ


年老いた父親に

話せないことばかり

真っ白に降り積もる

雪が隠してくれる


AH― 訳あり列車は 今

AH― 何もなかったように

私の心の奥 進む

あなたのこと 忘れなさいと

汽笛が鳴る


AH― 訳あり列車は 今

AH― 古い手紙のように

すべてを許しながら 進む

あなたをまだ愛してるのに

進むのです

提供: うたまっぷ