歌詞

この街で生きている

amazarashi

作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ

空白みたいな 何もない空を ずっと眺めていたら

全部がもうどうでも いいやって思えて来るんだよ ちっぽけな悩みも

僕が生まれた 僕が生きてる 街の空


悩み出したら きりがないこと よく知っているけど

くだらない事 考えてへこんでも 明日笑えればいい

そんな風に ゆっくり歩く 帰り道


争ったり いがみ合ったり 日々のとがった部分も

飲み込んだ街で 嘆いても 笑っても 見上げるこの空には


いつでも紅い夕焼け 戸惑う未来教えて

歩きなれた街で 僕ら迷子みたいに

明日の道しるべ 探してる

この先後どれ位 信じてゆけるのかな

ふいに止んだ風に 不安になったりして

この街で生きている


夜り帳に 最終のJR 君を連れて消えた

逃げ道じゃない 感傷でもないんだよ 僕らの思い出は

何があっても 僕は味方だ 友達よ


迷ったり 嫌になったり 先の見えない闇も

切り裂いた君に 一つでも 叶わない 願いなんてあるものか


あの時紅い夕焼け 戸惑う未来託して

誓った夢 理想も 今じゃガラクタみたいに

時の流れに 錆付いて

それでも 信じたいよ 何にも終わってないよ

知らん顔で過ぎてく 日々に 強がったりして

この街で生きている


春夏秋冬 変わっていく街の景色 その中で 抗ってる 君も 僕も

希望 誹謗 理想 自嘲 戦ってる相手は 疑う心だ つまり自分だ


いつもの紅い夕焼け 旅立つ君の影が

歩きなれた街で 細長く横たわって

明日の道しるべ みたいに伸びる

この先後どれ位 悩んで歩くのかな

それでいいや 僕らは 希望も苦悩も抱えて

この街で生きている

これからも生きていく

提供: うたまっぷ