歌詞

おもろうてやがて悲しき東口

amazarashi

作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ

くそ暑い新宿のど真ん中でふいに眼球にしがみ付く映像

浮浪者が口ずさむ名も無き歌は 不穏な流れ弾みたいに

キャバクラの女が乗ったタクシーに下敷きの社会性に命中

遺失物係に忘れられた新聞紙にくるまれた位牌 墜落したアンタレス

地平線に浮かぶ巨大な顔

酔っ払った東京がたむろして おもろうてやがて悲しき東口


孤独になれない僕らの弱さ

誰に向けるでもないカラシニコフ

孤独になれない僕らの弱さ

心に飾って一人歩む

提供: うたまっぷ