歌詞

ピアノ泥棒

amazarashi

作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ

僕は泥棒 昔の話 話半分は酒の席のご愛嬌

真に受けるなよ 本気にするなよ 今となっては笑い話の類

僕は泥棒 中野のアーケード 雨宿りの振りして品定めの日曜

色とりどりの傘が開いて閉じて 心も躍る休日のパレード


二丁目の角の 新しい楽器店 でかいトラックが止まって何やら搬入中

もっと昔には ピアノ弾きでもあった いや 本当さライブだってよくやったもんさ

だからピンと来た スタインウェイのヴィンテージ ピアノ弾きなら誰もが憧れる名品

正直目がくらんだ あいつがあれば 僕は誰よりも上手く弾けるのに


あのピアノ盗んで 弾きたいな取って置きの 自慢のクラシックバラード

それを聴いたら 出て行ったあの娘も 落ちぶれちまった僕をきっと見直すはずさ

ピアノ盗んで やり直したいな僕の くそったれの人生

丁度 人目を避けてコソコソ生きるのに 嫌気が差してきたところなんだ


とは言うものの あんな大物は無理だ 所詮僕はケチな巾着切り専門

盗むのが無理なら ちょっと弾くだけでもいいんだ いや 近くで眺めるだけでも満足だ

そうと決まれば 早速忍び込んだ 午前三時の静寂は僕の相棒だ

ピアノを前にして じっとしてられなかった おもむろに鳴らす午前三時のニ長調


このピアノを聴いて どうだ僕の取って置きの 自慢のクラシックバラード

流れ出すのは 美しい日々の調べ その憂いはまるで帰らぬ日々の後悔

ピアノを聴いて どうせ野垂れ死ねだけの くそったれの人生

生きるために盗んで 盗むために生きてきた 拍手一つだって貰えないステージで


全部嘘だぜ 何だその顔 こんな馬鹿な話があるわけないだろ

今からステージ そう僕の出番さ こう見えてもピアノは得意なんだ


このピアノを聴いて どうだ僕の取って置きの 自慢のクラシックバラード

流れ出すのは 馬鹿な男のメロディー 執行猶予付きの ろくでなし賛歌

ピアノを聴いて どうせ野垂れ死ぬだけの くそったれの人生

それならば ステージの上で拍手喝采 こいつもそんなに悪いもんじゃないぜ

提供: うたまっぷ