歌詞

贅沢な蝋燭

tacica

作詞
猪狩翔一
作曲
猪狩翔一

鼓膜を揺らす唯一の音楽隊は

ある日 街へ行ったきり

もう二度と帰っては来ません


ラジオの音楽だけでは物足りなくって

ある日 僕等 どうやって生きるかを

考えてしまったの


咳をしたってシンバルはない

代わる代わるに言い訳

ヘッドフォンで大声を上げ

居なくなった人間の為

歌うだなんて


綺麗な夜にさえ

涙が止まらなかったよ

どうか一番高い木に留まって

街を見下ろしてよ


雨が止む様に笑えるよ

だって 残る蝋に火を灯すメロディーだ

灯る蝋に きっと 歌えるよ

だって 僕等 今日の日を生きるメロディーだ


歌うだなんて


綺麗な夜にさえ

涙が止まらなかったよ

どうか一番高い木に留まって

街を見下ろしてよ

提供: うたまっぷ