歌詞

Blue Bird

EMI MARIA

作詞
EMI MARIA
作曲
EMI MARIA

走り疲れてスピードを落としてく

背中の羽たちは自分の手で折ってこの世を選んだ


泣いたり愛したり羨ましくて

この体を借りて約束した


真夜中思い出そうとしてる

なぜこの場所を選んで生まれたか

きっと何かを心に決めて泣きながら生まれて来たんだろう


遠い記憶は少しずつ薄れてる

小さな幸せの見つけ方を忘れそうになる


帰り道咲く花がこっちを見た

思ったよりこの世界は心地良くて


真夜中思い出そうとしてる

なぜこの場所を選んで生まれたか

きっと何かを心に決めて泣きながら生まれて来たんだろう


La La La La La・・・・・・・

La La La・・・・・・・

提供: うたまっぷ