歌詞

Flashback

buzzG feat.YOME

作詞
buzzG
作曲
buzzG

けやき通りの細い街並を 歩く夢を見る

一人では歩き出せない 私のことよく知ってるでしょう


幸せな甘い季節が過ぎて 長いトンネルへ

変わる世界 重ならぬ未来 こんなはずじゃなかったの


左手が退屈そうにして空を切る 君の右手を求めてる

もう枯れるまで泣いて 逃げることも許されないのかな


今 手のひらに降り注ぐ幾千の星の光

そういう景色や 想い出が 破壊されるのは嫌だよ

数え切れないほど夜を越えた 今でも夢を見るよ

君の毎秒変わる表情が フラッシュバックする夢を


「会いたかったからすぐきたんだ。」

って映画の観すぎ!

「いきなりなんて超迷惑。」

本当は嬉しかったよ


木枯らしが窮屈そうに二人の間を すり抜ける日曜の午後

もう記憶から覚めて溢れ出した 想いの行き場所探してよ


昔見た君の仕草を 当たり前に欲しがる日々

世界には追いつけない 追いつかなくていい

私だけ知らなかったの? 一人分の傘も無いのに

君にすがって寄り添うだけの 時代遅れのアイロニー


昔見た君の仕草を 当たり前に欲しがる日々

世界には追いつけない 追いつかなくていい


今 手のひらに降り注ぐ幾千の星の光

そういう景色や 想い出が 破壊されるのは嫌だよ

数え切れないほど夜を越えた 今でも夢を見るよ

君の毎秒変わる表情が フラッシュバックする夢を


けやき通りの細い街並を 歩く夢を見る

一人では歩き出せない 私のこと見てる金木犀

提供: うたまっぷ