歌詞

桜ひとひら

中嶋ユキノ

作詞
中嶋ユキノ/尾上文
作曲
Sin

なくしたくないもの なくしたときに 初めて さよならに気づくの

時は早送りで 新しい季節を運んできたね


あれから 恋もして つらい別れもしたけど

そんなときは なぜか 君の声が聞きたくなったよ


桜ひとひら きらきらと舞う午後は 春風の道 歩いてるから

街角で もしもふたりが出会ったなら きっと変わらない笑顔で会えますように


街路樹にもたれて蕾を見てる ふたりの初めての写真

あの頃は 名前で呼ぶことも お互い照れていたよね


見えない心に 触りたくて触れずに

いつも君を困らせていた ごめんね 今は言えるよ


桜ひとひら ひらひらと舞う夜に 別々の道 選んだから

遠くまで夢を追いかけ 歩いてくよ あの日ふたりが 決めた約束のように


離れていても 近くに感じるのは いつも心の中にいるから

いつの日か 君に守るべき人ができても 今よりもっと好きでいられる


桜ひとひら 永遠に舞う空が ずっとふたりの上で輝くから

いつか話した未来も 笑い声も 色あせないよ いつまでも忘れない

提供: うたまっぷ