歌詞

泣き鏡

藤あや子

作詞
松本一起
作曲
久地万里子

哀しい日は哀しくなれ

そう自分に言い聴かせる

たった一つだけの心

もがいたって広がらない

茜色の空はいつか

時間(とき)の中に沈んでいた

こんな夜は好きな人と

逢うことさえ重たくなる

ぐっとこらえていても

見上げられず

ほどいてあげたい

どうしても どうしても

泣きたくなったときには

母よ

あなたの残した手鏡に泣いています


まだ生きてた頃のある日

細い廊下酔って歩く

変な顔とうれしそうに

のぞいていたこの手鏡

父 それともかくすように

一人だけで忍ばせてた

あなただけの男(ひと)だったの

庭の遠くに気にかけてた

ぐっと強がるくせは

受け継いでる

あなたを真似して

いまもなを いまもなを

泣きたくなったときには

母よ

あなたの残した手鏡に泣いています


どうしても どうしても

泣きたくなったときには

母よ

あなたの残した手鏡に泣いています

提供: うたまっぷ