歌詞

少年

HOW MERRY MARRY

作詞
工藤圭一
作曲
工藤圭一

ありったけの思いを持ち出して 少年は唄う


今まで歩いてきた道 その全て 否定されたひとこと

信じられない でも確かに傷ついた

人一倍繊細なくせに どうしてそう平気な顔してるの

知られたくない でも誰かに気付いて欲しくて


どうせ僕はロクでもない 死してもカラスが喜ぶだけ

それならそれでもいいんだけど なんか虚しい

とりあえず今は叫んどけ oh


ありったけの思いを持ち出して 少年は唄う

闇に矢を放つように

吐き出す言葉が跳ね返っても 少年は唄う


たぶん僕はロックにゃなれない

27歳を過ぎても のうのうと生きてるだろう

死にたいわけじゃない カッコつかねぇ

変わんない現実が押し寄せる oh


ありったけの思いを持ち出して 少年は唄う

声に身を投じて

誰にも誉められないとしても 少年は唄う 唄う


ありったけの思いを持ち出して 少年は唄う

闇に矢を放つように

吐き出す言葉が跳ね返っても 少年は唄う 唄う

提供: うたまっぷ