歌詞

バイ マイ タウン

HOW MERRY MARRY

作詞
工藤圭一
作曲
工藤圭一

気付いたらいつでも どこか重ねてる

生まれた街の景色 映し合わせて

旅立つ日の誓い 守れそうにない

何かに追われる日々 時だけ逃げて


あの街の春は咲いたか 蕾もない僕の夢

帰りたい 帰れない このままじゃ


初めに見た夢をずっと 描き続けている僕は

幸せと呼べるのか わからないままで

少年の声が聞こえて 振り返り見る道の上

光など灯らない 迷いの中に立ち尽くす


薄暗い夜は 孤独に震えて

共に探した星座 忘れてゆくよ


疲れた身体を引きずって 家路を辿るこんな日は

あなたの言葉を繰り返す


「いつでも帰っておいで」と それはまるで魔法のように

この街に居る意味を 教えてくれるから

あなたの声が聞きたいけど まだ何も伝えられない

負けないよ 逃げないよ 空がくっきりしてきた


今どこで何してるの そっちは星がキレイかな

都会にないモノはないと思っていた

見つけられないモノなどないはずだった


あなたの笑顔を探した 見つからないと知りながら

あの街も あの日々も ここにはないけど

少しは慣れた街角に 行き交う人々の流れ

その中に僕は居る 遠くの空を見つめて


「この街で生きてゆく」 そう決めて手を振った

提供: うたまっぷ