歌詞

清水翔太

作詞
Shota Shimizu
作曲
Shota Shimizu

ずっと1人だった

それも悪くないって思ってた

劣ってた 周りのやつらより

だから塞ぎ込んだりしてた

とにかく退屈な毎日だった

そんな時に君と出会った

君の背中は小さかった

小柄な僕よりずっと小さかった


言いたかった想いがあった

それに自然に君は気付いた

それから僕ら一緒にいるようになった

君が大切すぎて痛かった

うまく笑えなかった筈の自分が

なぜか自然に笑っていた

窓の向こう 久々に見た青空は

どんな青よりも奇麗だった


どんなに季節が巡っても

どんなに胸が痛んでも

忘れない 君の笑顔 ほら

きれいだね 今日の空も


僕は君を知ろうとした

君も僕を知ろうとしてた

手探りだから間違ったりもした

その不器用さも好きだった

君は僕を僕より知った

本当の僕を教えてくれた

それは想像より美しくて

それは想像より醜かった


生きにくかった世界が

急に輝いて見えたんだ その理由に

君が側にいてくれたから・・・

だけど君は新しい恋をした

誰かが僕を追い越した

僕はその後すぐ夢を見つけ

それを叶える為に旅立った

気付くと空を見て泣いてた


どんなに季節が巡っても

どんなに胸が痛んでも

忘れない 君の笑顔 ほら

きれいだね 今日の空も


I Remember...

切なくなんかないんだ 本当に

I Remember...

これは君の為の歌なんだ 本当に

I Remember...

そう夢を叶えたんだ 本当に

I Remember...

これは君に贈る歌なんだ 本当に


どんなに季節が巡っても

どんなに胸が痛んでも

忘れない 君の笑顔 ほら

きれいだね 今日の空も


なあ、覚えてるか?

2人で歩いた夜の公園

あの時、君は全部知ってたの?

この恋の結末を知ってたの?

ズルいよ 僕はまだ君を

僕の隣にはまだ君が

いなきゃ駄目なんだって

そんな事言う筈ないさ・・・

そんな事言う筈ないさ・・・

提供: うたまっぷ