歌詞

Swan

May'n

作詞
真名杏樹
作曲
田中秀典

「もう信じない・・・」 つぶやきながら 伏せた睫毛がすごく悲しい

ただ会いたくて でも会えなくて 心の声 打ち消そうとしてる


離れがたい指をからめて 寄りそって見た朧月

忘れるなんて出来ないでしょう?


恋に落ちて立ちすくむ白鳥みたい あなた ひとりぼっちでは空は遠すぎて

つい逃げ込んでしまう鍵穴のない湖

ねぇ 息をして今すぐに その胸が叫んでる 「好き」と


くちづけの後 ふいに浮かんだ 疑いの影 振りほどいても

情けないほど その恋人(ひと)だけを 追いかけてた淋しさはエンドレス


時雨の道 肩まで濡れて サヨナラ告げた夜はもう

忘れなければいけないのに


恋はまるで泣き虫な白鳥みたい みんな いつもの今日を抱きしめ さまよえば

街の明かりは青く 水面のようにまぶしい

あと少しだけそばにいる もらい泣きさせないで 涙


何も言わずに やけに長い 夜が明けるのを 待つのもいいね

ぎこちないほど澄んだ瞳(め)でまた 笑いかけてよ

・・・・あの日のあなたのまま


恋に落ちて立ちすくむ白鳥みたい 私も ひとりぼっちでは空は遠すぎて

つい逃げ込んでしまう鍵穴のない湖

そう 息をして今すぐに おなじ刹那(とき)を呼び続けて

もう一度信じたら きっと

提供: うたまっぷ