歌詞

第九のベンさん

ゆず

作詞
大工の仁さん
作曲
大工の仁さん/岩さん

人は太古の昔から 音に乗せて歌を唄ってきた

それは時に自分の為に そして時に誰かの為に

悲しみをそっと癒すように 喜びをまた分かち合うように

堪えきれずに溢れ出してしまう 隠しきれない想いを乗せて


ならば俺達は どこへ行く


ガッテン 崩れ落ちそうな世界

スッテン 転んでばっかだけど

一人一人に託されている未来

曇天模様の空だって

バッテンなんかつけなくていい

涙 拭いて 歓喜の歌が聴こえる

ラララ…


ハレルヤ!明日は晴れるか(晴れるよ)

晴れたら仕事に出れるや(晴れるか?)

食べるよ昼何食べるか?(食べるよ)

払うよ今日俺払うよ(ハレルヤ■)


そして俺達は 生きてゆく


完全無欠のヒーローなんて

全然現れないんだけど

一人一人に与えられてる使命

満天の星空じゃなくても

欠点言ったらキリがないけど

出来る事はある 生きてる意味はある


ガッテン 崩れ落ちそうな世界

スッテン 転んでばっかだけど

一人一人に託されている未来

曇天模様の空だって

バッテンなんかつけなくていい

涙 拭いて 生きてる意味はある

声を上げて 歓喜の歌を!

唄おう

ラララ…

提供: うたまっぷ