歌詞

Until

メガマソ

作詞
Gou
作曲
Gou

貴方(キミ)が弾いた鉄格子(てつ)はわたしの羽をヒラリと広げて


夜空(そら)に聞こえる息と僕らの夢は煌めきつづけ


覗けば見えるなんて嘘つき信じられるのは鼓膜の奥(ここ)


壊れてしまう綺麗な指を砂の記憶に残し


度重なるわたしたちの幻想巻き付くわ何度も永久のなかで

Please shell me.

Please shell me.

Please shell me. until disappearing and disappearing…

提供: うたまっぷ