歌詞

星のブルース

吉井和哉

作詞
Kazuya Yoshii
作曲
Kazuya Yoshii

星のどっかから呼んで呼んでる

寒い夜は芯まで冷える

冬のセーターから伝わってくる

恋のようなぬくもりがある


君とどっか行きそびれてる

約束ってどれだけ守る

霧まとった夜雨が降る

手をつないでよろけて歩く


明日の朝 焼きたてのパンを出してくれたらいい

僕について何一つ知らなくていいから


さよならは何度でも言う そのための一生でもある

君と夜空を見上げてる 星のどっかから呼んで呼んでブルース


賛否両論はあるだろうけど

悲しみの色は必ずblue

木枯らしの吹く商店街では

年末の終わりで賑わう


明日の朝 僕だけにキスをしてくれたらいい

それについて何一つ縛り付けたりしないから


さよならは何度でも言う この胸はただ張り裂ける

神様にいつか挨拶 「ありがとう」って君に伝える


君と夜空を見上げてる

星のどっかから呼んで呼んでブルース

提供: うたまっぷ