歌詞

リバティーン

吉井和哉

作詞
Kazuya Yoshii
作曲
Kazuya Yoshii

そこにナイフな裸 大衆のどよめきが

血に染まって噛み付いた 人間に戻るため


腰にバラの花 指の匂い嗅げば

汚れた爪こそ 我が誇り


毒を少女にもらった 肝臓もヤラレちゃった

鏡の部屋でもらった 運命を映すため


子供ができては いけない関係のsex

汚れた肉こそ 我が命


リバティーン リバティーン

関係の肉体さ

リバティーン リバティーン

忠誠をなくしたんだ


いつかなくなる血だからか

赤ワインが飲みたい

いつかは絶える血だからか

赤ワインが飲みたい


そこにナイスな裸 大衆のどよめきが

立ち上がって盛り上がる 口から涙流してる


オレの唇は 希望のことだけ

舐め回すのだよ 軽い腰


リバティーン リバティーン

妻には愛されていた

リバティーン リバティーン

オレは他で愛し合った


リバティーン リバティーン

関係の肉体さ

リバティーン リバティーン

忠誠をなくしたんだ


リバティーン リバティーン

どっかの王様の話

リバティーン リバティーン

どっかの王国の話

提供: うたまっぷ