歌詞

Puppet

androp

作詞
内澤崇仁
作曲
内澤崇仁

風が頬を刺す

その頬伝う涙は

この口からの言葉で

また落ちては流れて

その流れた涙は

森の中に紛れて

生まれた水たまりの中

僕の足はのまれてく

のまれてく


水の中ではまさに

威張り散らす王様

それを笑う大臣

疲れ果てた町人

それを見張る兵隊

君の作る涙は

いつの間にか僕になる

いつの間にか僕になる


繋いではほどける糸みたい

君を忘れないでね

伝えたい忘れられないの

また誰かが笑うよ


君のすべてを

僕は守りきれないのに

その僕の足も手も

君に操られてたい

そう願っても誰かの

言葉で君は笑う

その笑顔は僕になる

いつの間にか僕になる


繋いではほどける糸みたい

僕を忘れたいけど

叶わない忘れられないの

また地球は廻るよ


ほどけた2つの想いは

夜空の星になった

昨日が今日に変わる様に

いつかは消えてゆくの?


繋いでたい忘れられないよ

君も忘れないでね

繋いだ2つの想いは

今もまだ覚えてるよ

叶えたい信じる想いが

今地球を廻すよ


ほら明日が待ってるから

提供: うたまっぷ