歌詞

MirrorDance

androp

作詞
内澤崇仁
作曲
内澤崇仁

愛を見続ける為の嘘で

君と歌いたいおいでどうぞ

夢を見続けるだけの嘘も

君にただ会いたいと願ったんです

今日を楽しめば時は流れ

君と笑いたいおいでどうぞ

胸を締め付けるだけの気持ち

人間の言葉は分かんないよ


明日を歌うこの声が

いつの間にか嫌われてた

夢の中だけが自分の

ただ一つ廻る地球で

明日を繋ぐこの声が

いつの間にか嫌われてた

夢の中だけが自由で

たった一つのステージだった


はねるはねる

光が射して

もっと早く

まわるまわる

手を繋いで

踊り明かす夜明け


いつもいつも付いていた嘘や

流れた涙のその理由も

やっぱり僕は人が好きだ

君にただ見てもらいたかったんだ


愛 明日を 足そう ただ勇敢に

愛 明日を 指す 追う 漂う感じ

愛 明日を さすらう ただ静かに

愛 明日を 君の ただ嘘に


一人で歌うその声が

いつの間にか呼びかけてた

夢の中でさえ自分に

聴こえなかった歌声に

涙ながら嘘の声が

もう一度向かうその場所は

嘘つきが抱きしめる嘘

たった一つのステージ立った


はねるはねる

光が射して

もっと早く

まわるまわる

手を繋いで

踊り明かす


はねるはねる

光が射して

もっと早く

まわるまわる

手を繋いで

踊り明かす

提供: うたまっぷ