歌詞

メメント・モリ

Aqua Timez

作詞
太志
作曲
Aqua Timez

memento mori


文句を言っているうちに 一年が終わってしまったら

悲しみさえも 湧いてこないでしょう

噂話をしてるうちに 人生が終わってしまったら

憎しみさえも 湧いてこないでしょう


無意味なことは 一つもないけれど 気の抜けたサイダーみたいなのもやだ

弾けるような余韻の真ん中で 最後の一日を 迎えたい


振り絞るように生きなければ 命は使いきらなければ

愛なら伝え抜いていかなければ 抜け殻のような日々をただ 突き破るように


結局のところ 絶望にしがみつかせてたのは

他の誰でもない 僕自身だろう

結局のところ 後悔に迷い込ませてたのは

他の誰でもない 僕自身だよ


悲しくて歌いはじめた日のこと

嬉しくて歌い続けた日のこと

向き合ってくれるあなたがいること

いつか歌い終える日が来ること


ゆりかごの中で見た夢と 最期の光を繋げる

形にはならない憂鬱だとかを 粉々にできる音を 咲かせるように


どんな生き物も 始まりと終わり 二つの間で 過去と未来をもち

今だけを生きる 過去には生きられず 未来は曖昧で 今だけを生きる

ただよくなるように ただよくなるように


いつかは散るものと知ってた それでも咲きたいと願った

人の夢が儚いのだとすれば その通りなのかもしれない

ただ、どこまでなのかと聞かれれば どこまでもなのだと答える

心臓が命を打ち鳴らす限り 吹雪のような苦悩をただ かきわけるように


嬉しくて歌い続けてきたこと

向き合ってくれるあなたがいる今日

提供: うたまっぷ